FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/01 (Sun) 12:00
共存web/共存びと 活動写真弁士/片岡一郎さん その1

共存びと/片岡1


「活動写真弁士/片岡一郎さん」その1

共存にやって来る人たちのことを「共存びと」といいます。
共存webでも、ステキな共存びとがステキな作品を発表してくれたり、ステキなライフスタイルを教えてくれたりします。

共存webでの初「共存びと」としてお招きしたのは、活動写真弁士の片岡一郎さん。
片岡さんは今年7月にクロアチアのモトヴンという町で開かれるモトヴン国際映画祭( Motovun Film Festival)に出場されるそうなんですが、20代の活動写真弁士が海外の映画祭に出場するのはなんと史上初なんだそう!
そんな片岡さんに、『活弁』という、ちょっぴり未知な世界について、いろいろお話を伺いました。


共存)まず、活弁を知らないヒトのために、活弁てこんなもの、という簡単な解説をお願いします!

片岡さん)弁士というのは映画にまだ音が無い無声映画だった時代に、ライブで語りを映画に付けた芸人(パフォーマー)の事ですね。
ナレーションや声優のアテレコを生でやってるものだと思えば、イメージがし易いかも知れません。
では声優とは何処が違うのかと言えば、基本的に全ての役や解説を一人で演じる事と、自分で語るための台本は自分で書くと言う事があります。だから同じ映画でも弁士が違えば違った印象の映画になるって事です。



共存)台本も自分で書くんですね! それはスゴイ!
それではそもそも、活弁を始めたキッカケは?

片岡さん)高校時代に演劇部にいまして、そこで落語や講談といった話芸が好きになったのです。
そしたらある日、ウチの師匠(澤登 翠※)の公演を知って見に行ったのがきっかけです。
演ずる事、書く事、話芸としての魅力、映画の良さ、それからマイノリティ、自分の求めていたものがことごとく、活弁にはあったと言う事でしょう。今にして思えば。
※澤登 翠
日本を代表する女流活動写真弁士。
「伝統話芸・活弁」の継承者として“活弁”を、現代のエンターティメントとして甦らせ、文化庁芸術祭優秀賞他数々の賞を受賞している。



共存)なるほど。マイノリティってところが片岡さんらしいです(笑)
活弁の魅力に触れ、活動写真弁士になられたわけですが、では活動写真弁士として話す時、普段と変えて気を付けていることとかありますか?

片岡さん)気を付けていることは、特に無いのです。強いて挙げればゆっくり話すようにする事位。よく聞かれるのが演じ分けはどうやってするのかという質問なのですが、これは実にイイカゲンで、答えは何となくなのです。登場人物を全部意識して演じ分けていたら大変ですし、演技はスクリーンの向こうから降りてくるんです、きっと。


共存)「演技はスクリーンの向こうから降りてくる」…良い言葉、いただきました!
では、活弁をやっていて面白かったことや興味深かったことなど、なにかエピソードがあれば聞かせてください。

片岡さん)とある会合にお呼ばれした事があって、そこ実業家だとか会社の社長達がいらしていたのです。彼らに芸を披露して、話も色々したのですが、彼らが「活動写真弁士」という肩書きの名刺に非常に興味を持っていたのが印象深いです。
如何に頭一つ抜け出すかにシノギを削るビジネスの世界では、他に無い肩書きというのは武器なんだそうです。こちらにしてみたら当たり前の事があちらには大変な意味を持つわけで。そういうモンかなァ。



共存)そうそういる肩書きじゃないですもんね、「弁士」なんて!
今回はここまで。インタビューはもう少し続きます。


☆片岡一郎 公演情報☆
●墨東キネマ☆墨東名人会 第62回公演
 柳下美恵 無声映画リサイタル
 『恋の睡蓮』ピアノ/柳下美恵
 片岡一郎所蔵フィルムによる短編上映もあり
(弁士やります)
 会場/向島百花園御成座敷
 日時/6月23日 19:00~
 会費/¥2000(ドリンク付)
 予約・お問い合わせ 03(3619)4977
           sahara@mxd.mesh.ne.jp

●無声映画鑑賞会 第587回 [鳴滝組の原点]
 『放浪三昧』弁士/澤登翠
 『国士無双』(部分・8分)弁士/片岡一郎
 『嗚呼 山中貞雄』弁士/片岡一郎
 会場/門前仲町 門仲天井ホール
 日時/6月28日 18時30分~
 料金/一般1800円 学生1600円 
    前売、電話&E-mail予約1500円
 予約・問い合わせ 03-3605-9981
          katuben@attglobal.net

●モトヴン映画祭(クロアチア)
 『狂った一頁』弁士/片岡一郎
        ピアノ/ゲルハルト・グルーバー
 日付/7月24日(現地時間)

●無声映画鑑賞会 第588回 
          [第三回 澤登 翠 一門会]
 【レクチャー 講師=澤登翠】活弁映画史講座
 『世界の心』弁士/澤登翠
          片岡一郎
          斉藤裕子
          桜井麻美
 会場/門前仲町 門仲天井ホール
 日時/7月30日 18時30分~
 料金/一般1800円 学生1600円 
    前売、電話&E-mail予約1500円
 予約・問い合わせ 03-3605-9981
          katuben@attglobal.net

■片岡一郎ブログ「閑話休題」
http://kaitenkyugyou.blog87.fc2.com/

スポンサーサイト

<< 共存web/共存びと 活動写真弁士/片岡一郎さん その2 | ホーム | ムック掲載情報 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。