FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/08 (Thu) 22:12
共存vol.7/共存びと 木彫刻師/白石紋子さん

07_bito.jpg

「木彫刻師/白石紋子さん」

共存にやって来る人たちのことを「共存びと」といいます。
毎回ステキな共存びとがステキな作品を発表してくれたり、
ステキなライフスタイルを教えてくれたりします。

この共存webでは、誌面に掲載しきれなかったコメントを掲載しています。
でもときどき(ほとんど?)そのまんまのときも有りマス。スミマセン。
*誌面の写真の一部に不具合がありましたのでお詫びいたします。
上の写真が正しいものです。

★工房として「しゃかりき堂」を構え、仏像中心に活動している木彫刻師の白石さんご姉弟。今回はお姉さんの紋子さんにお話を伺い、仏像の魅力と、その魅力にとりつかれた白石さんに迫ってみました。

共存)好きな仏像やオススメの仏像、ユニークな仏像etc、教えてください。

白石さん)
好きなのは、運慶が作った、高野山の八大童子のひとつ「制多加童子」!
かわいくて、我が家のアイドルです(笑)
あとは、快慶作の醍醐寺の「弥勒菩薩」かな。
面白い、というか、ユニークなのは、六波羅蜜寺の「空也上人」。
口から南無阿弥陀仏が出ているの。仏像で音を表そうとするなんて、その発想がユニークで、
すごいと思う。好きな仏像のひとつです。

共存)アコガレの仏師はいますか?

白石さん)
やっぱり運慶かなぁ。
仏像の内面まで彫られているというか…なんか、ただの仏像を越えた何かを感じるので。
そこに少しでも近づけたらと思いながら、彫ってます。

共存)仏像のどこが好きですか?

白石さん)
部分的に1つだけは見ないで全体の流れを見るのだけれど、やっぱり目と手はよく観察するかな・・・。
特に目の奥からは歴史を重ねたエネルギーを感じます。
何百年前に作られた仏像をその時を経て見る事によって、つまり彫った人例えば 運慶や快慶と時を越えて向き合えるってことでしょう。それって本当にすごいことじゃない?

共存)「しゃかりき堂」の名前の由来は?

白石さん)
「しゃかりき」に頑張ろう!っていう気持ちと、あとは響きが好きだったこと。 あと、「しゃかりき」って漢字で書くと「釈迦力」で「お釈迦様の力」って意味になるでしょう。 それも仏像につながるかな、と思って。 でも、漢字だと堅くなっちゃうので、ひらがなで。
大変お忙しい中、どうもありがとうございました!
こんなに間近で仏像を拝見したのは初めて。貴重な体験でした。
今回の件で、意外と仏像ファンがいるってことが分かり、仏像への興味が増したし、身近に感じられました。

■しゃかりき堂
仏像を彫っていただきたい方はこちらまで。
住所 〒361-0078
埼玉県行田市中央8-12
tel & fax 048-555-0696
定休日 日曜日
スポンサーサイト

<< 共存vol.8/共存びと フリーバッグデザイナー/庄野裕美さん | ホーム | 共存vol.6/共存びと イーチワース/ ショップオーナー横田さんご夫妻 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。