FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/09 (Fri) 00:11
フルーツタルト vol.1

フルーツタルト
Vol.1 *Prologue. You were the apple of the eyes!*


fruit1.jpg


 どうしても言いたかったことは、最後まで口に出せなかった。
 なんだか照れくさかった。
 けれどいまも言えなかったことをずっと後悔していて、いつかまた、三人で会える日が来たら、そのときこそは必ず伝えようと思う。

*Room No.101
a boy who was brown as a berry*
 ミノルは、休みのたびに海に出かけているせいで、真っ黒に日焼けしている少年だった。
 元々はサーフィンをしていたらしいのだけど、一度ともだちに誘われて体験ダイビングをしたとたん、海の上から海の中に興味が移ったらしい。最近ではもっぱら、ダイビングに夢中だ。
 海に潜って帰ってくるとミノルは、いつも「海の生き物図鑑」を見せながら、海の中のすばらしさを熱く語っていた。
 そんなミノルの夢は、水中写真家になること。
 海のすばらしさを、もっともっともっと、多くの人に伝えたい、それがミノルの夢だった。

*Room No.102
a peach dreaming the spotright*
 モモは、いつも歌っていた。いつも踊っていた。
 舞台女優志望のモモは、アルバイトをいくつも掛け持ちしながら、ダンスのレッスンと歌のレッスンに毎日励んでいた。
 狭い部屋の中をいっぱいに使って、毎晩モモが見せてくれるショウは、いつでもみんなの心をあたたかく、前向きにしてくれた。
 モモのおかげで、舞台なんか見たこともなかった彼らまで、たくさんのミュージカルソングを覚えてしまった。
 節約してなんとかひねり出したお金で、何ヶ月かに一度、観劇に行くときのモモは、いつも目を輝かせていた。

*Room No.103
days were not worth a pear, but...*
 リオは、取り立てて趣味も特技もなく、これといった夢もなく、したいことも見つからないまま日々を過ごしている、ちょっとした無気力少女だった。
 けれど、運命のいたずらか、このふたりに出会ってしまった。

 フルーツ・タルト。これは、そんな三人の、日々の物語。


* the apple of one's eyes = 非常に大切なもの、人
* brown as a berry = 日焼けした
* a Peach = かわいい娘、素敵な人
* not worth a pear = 無価値な



to be continued...

(吉本こずえ)
スポンサーサイト

<< フルーツタルト vol.2 | ホーム | 共存vol.10/共存びと ギャラリープランナー/長尾なぎささん、森下リサさん >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。